金沢文化スポーツコミッション

金沢文化スポーツコミッション

する人、観る人、支える人を、
応援する。

金沢は、加賀藩初代藩主前田利家による近世城下町の建設以降、歴史と伝統に裏打ちされた豊かな文化を培ってきました。藩政期から現代まで戦禍や災害を免れ、まちの構造や景観を良好に残しながら、絶えず新たな革新を取り込んできたまちです。
私たち金沢文化スポーツコミッションは、金沢の土壌の深い文化とスポーツをツールに、地域コミュニティ・地域経済の活性化、文化とスポーツの振興、そして金沢ブランドの醸成・発信を目的として2018年7月1日に発足しました。"する人、観る人、支える人"を一元的に応援する、日本一ユニークな組織を目指しています。

公式ロゴマーク

文化の象徴としての「鼓」や「盃」、スポーツの象徴としての「メガホン」を一つに結晶させたロゴマークです。
文化 ✕ スポーツでまちをさらに楽しく、そんな私たちの理念を示しています。

金沢文化スポーツコミッション 公式シンボルマーク

公式シンボルマーク

公式ロゴマークのまわりに、文化、スポーツ、そして観光のモチーフが集まって、金沢の梅鉢紋を形づくっています。
私たちと一緒に、金沢ブランドを醸成・発信していくみんなの旗印です。

Designed by Nobuaki Nakabayashi

活動は3本の柱。
それぞれにユニークポイントが
あります。

1
誘致・誘客
全国初の誘致制度

地元団体の誘致を後押しする金沢市のユニークな支援制度を活用し、地元団体と連携して、全国大会、国際大会等の誘致に取り組みます。

誘致開催奨励金等

2
普及・交流
個人や団体をマッチング

応援したい個人・企業と地元団体をマッチングし、クラウドファンディングも活用して、文化やスポーツの普及・交流をバックアップします。

普及・交流・発信支援等

3
金沢BRAND
金沢ならではの開催

「文化 ✕ スポーツ」のコラボ(=文武両道活動)等、金沢らしいしつらえや金沢ならではのもてなしで、金沢BRANDを醸成・発信します。

金沢ならではの開催への協力

文化とスポーツのコラボが
まちの魅力をさらに高めます。

上記に加え、私たちは「文化✕スポーツ=」の可能性を追求し、相乗効果をネットワークに広げながら、地域活性化(経済波及効果)と文化・スポーツの振興に貢献します。

する・観る・支える 
多様な主体をつなぎ
ネットワークを広げます。

“文化都市金沢だからできる
文化スポーツコミッション”

Hachiro Taira

平 八郎/金沢文化スポーツコミッション代表

私たちは、文化都市 金沢から誕生した文化スポーツコミッションとして、“世界の共通言語”という側面をもつスポーツと、“地域の固有性”そのものともいえる文化とを融合させ、金沢に新たな魅力を創出することを目指しています。
新たな魅力によって金沢BRANDをさらに磨き高め、世界へと発信していくため、文化団体・スポーツ団体の皆様のご理解とご協力をいただきながら、日々試行錯誤し、チャレンジングに活動していきます。

たいら はちろう 1959年東京生まれ。慶應義塾大学卒業後、日本国土開発(株)入社、全日空エンタプライズ(株)(旧全日空ホテル運営会社)を経て、IHGANA合同会社へ。ANAクラウンプラザホテル成田総支配人、ANAクラウンプラザホテル金沢総支配人、札幌全日空ホテルをベースにエリア総支配人として4ホテルを統括後、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューをベースに沖縄地区リージョナル総支配人、2016年4月からANAクラウンプラザホテル金沢を拠点に、福岡・広島・富山・札幌・ホリデイ・インすすきの・仙台・金沢スカイを統括するリージョナル総支配人を歴任。2018年7月、金沢文化スポーツコミッション発足より代表を務める。 慶應義塾大学在学中は体育会ソッカー部に所属。