金沢文化スポーツコミッション

金沢文化スポーツコミッション

JP/EN

EVENT

「スポーツ×文化×ツーリズム」シンポジウム開催!3庁長官が金沢で語る。

このイベントは終了しました
/水 - /金

スポーツ庁・文化庁・観光庁 3長官が一堂に

スポーツ×文化×観光が、日本を磨く。金沢を磨く。

スポーツ庁、文化庁、観光庁の3庁が主催する「スポーツ文化ツーリズムシンポジウム」が、地方で初めて、金沢で開催されます!

お申込みは、下記のシンポジウム、コンベンションの事前申込みは終了しています。
当日受付を行いますので会場にお越しください。

開催日
2020年01月15日(水)~2020年01月17日(金)
1.15:シンポジウム、1.16:コンベンション、1.17:ファムトリップ
開催時間
1.15 11:00開場(展示、歓迎茶会)、13:00開会、17:50終了
1.16 9:00開場、9:30開会、17:00閉会
会場
金沢市文化ホール
閑清庵[茶室]
大ホール、会議棟(1F~3F)
内容
文化庁、スポーツ庁、観光庁の3長官によるトークセッション、表彰式、他
1/15~16の2日間、展示ギャラリーで「スポーツ×文化×観光」に関する展示も行われます。
来場者
入場無料、要申込
文化、スポーツ、観光の各分野に加え、3分野に横断的に関心のある皆様に広くご聴講いただけます。
申込先着・定員に達し次第終了します。
主催者等
第4回スポーツ文化ツーリズムシンポジウム
・主催:スポーツ庁、文化庁、観光庁
・特別協力:金沢市、(一社)日本スポーツツーリズム推進機構
・協力:北陸経済連合会北陸観光サロン、金沢商工会議所、金沢経済同友会、石川県経営者協会

第8回スポーツツーリズム・コンベンション
・主催:金沢市、(一社)日本スポーツツーリズム推進機構
・後援:スポーツ庁、観光庁(予定)
開催の経緯
スポーツ庁、文化庁、観光庁の3庁は、2030年の訪日外国人観光客6千万人時代を見据え、連携による相乗効果によって地域ブランドや日本ブランドを創出し、地域振興・観光振興を図ることを目的として、2016年に包括的連携協定を締結しています。シンポジウムはこの協定に沿って毎年度東京で開催され、地方創生の糸口を内外に示してきたもので、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会直前の第4回開催にあたり、「文化×スポーツ×観光」の意義を全国展開するため初めて地方開催が公募され、当コミッションの提案が採択されたものです。
シンポジウム翌日にはさらに、「スポーツツーリズム・コンベンション」が初めて同時開催され、文化、スポーツ、そして観光に関する全国の関係者が金沢に集い、最新の知見が交換される2日間です。
参考リンク
その他

2日間共通プログラムはこちら(PDF2020.1.13)

最新プログラム(最終更新日2020.1.8)

2020.1.15/水 13:00~17:50(11:00開場)

「文化×スポーツ×観光」展示ギャラリー(会議棟1F 展示ギャラリー/1.15(水) 11:00~1.16(木) 17:00)

歓迎茶会(会議棟1F 茶室「閑清庵」1.15(水) 11:00~ なくなり次第終了。当日整理券を配布します。)

  • 席主:奈良宗久裏千家今日庵業躰

第4回 スポーツ文化ツーリズムシンポジウム

13:00~(ホール棟 大ホール/12:00~開場)

オープニング(13:00~)

  • 主催者代表挨拶:鈴木 大地 スポーツ庁長官
  • 開催地代表挨拶:山野 之義 金沢市長

基調講演「3庁連携による、新しいスポーツツーリズムの未来」(13:20~)

  • 原田宗彦 早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授、(一社)日本スポーツツーリズム推進機構会長

3 庁長官トークセッション(13:40~)

  • 鈴木 大地 スポーツ庁長官、宮田 亮平 文化庁長官、田端 浩 観光庁長官
  • ◆(コーディネーター):原田宗彦氏

休憩(コーヒーブレイク・14:30~)

スポーツ文化ツーリズムアワード2019表彰式(14:45~)

プレゼンター:鈴木 大地 スポーツ庁長官、宮田 亮平 文化庁長官、田端 浩 観光庁長官

スポーツ文化ツーリズムアワード2019受賞団体|文化庁HP

休憩(コーヒーブレイク・15:35~)

15:50~17:30
テーマ講演
15:50~
「スポーツ×文化コンテンツを使った、インバウンド誘客のポイント」

16:40~
「外国人が熱狂する『クールなニッポン』のプロデュース術」

17:30終了予定

15:50~17:50
「スポーツと文化を融合させた新たな観光プログラム」アイデアワークショップ

  • ◆:山下 真輝 氏
    ㈱ JTB総合研究所 主席研究員 コンサルティング事業部 交流戦略部長
  • 参加ゼミ:金沢大学 佐川哲也教授ゼミ(人間社会学域)、金沢星稜大学 奥田鉄人教授ゼミ・西村貴之准教授ゼミ(人間科学部スポーツ学科)、北陸大学 長谷川孝徳教授ゼミ(国際コミュニケーション学科)、金沢学院大学 棟田雅也助教ゼミ(人間健康学部スポーツ健康学科)

(会議棟3F大会議室・学生対象・聴講自由)

17:50終了予定

2020.1.16/木 9:30~17:00(9:00開場・金沢市文化ホール・会議棟)

 第8回 スポーツツーリズム・コンベンション

9:30~(会議棟 2F大集会室/9:00開場)

開会式(9:30~)

  • 主催者挨拶:山野 之義 金沢市長、原田 宗彦 (一社)日本スポーツツーリズム推進機構会長
  • 来賓挨拶 :鈴木 大地 スポーツ庁長官

基調講演「スポーツ文化ツーリズムによる新たな可能性(9:50~)

  • 山下 真輝 氏 ㈱JTB総合研究所 主席研究員

パネルディスカッション「スポーツツーリズムの最前線(10:35~)

  • 山下 真輝 氏
  • 増井 国光 スポーツ庁参事官(地域振興担当)
  • 平 八郎 金沢文化スポーツコミッション代表
  • 原田 宗彦 JSTA会長
ネットワーキングランチ(1,000円)(会議棟1F・多目的ルーム/12:05~13:30)

13:30~
分科会1(AまたはB)◆:コーディネーター

A「文化×スポーツ=集客・交流」による地方創生

人口減少社会にあって、全国の地域シンクタンクが先行事例を持ち寄り、新たなビジネスのヒントを探る!

  • 鍋山徹(一財)日本経済研究所専務理事(代表理事)新産業創造業務統括兼地域未来研究センター・エグゼクティブフェロー
  • 松田 英嗣 (一財)青森地域社会研究所 調査研究部長
  • 長嶺 敬 沖縄振興開発金融公庫 調査部地域連携情報室長
  • ◆大西達也(一財)日本経済研究所 常務理事地域創造業務統括兼地域未来研究センター長兼調査局長

登壇者プロフィール・紹介事例

B 武道ツーリズム時代宣言

日本の資源を活用したスポーツツーリズムとして、スポーツ庁が推進する武道ツーリズムの課題と可能性!

コーヒーブレイク(15:00~)

15:30~
分科会2(CまたはD)◆:コーディネーター

C プロスポーツチームによる地域活性化

チームが地域にもたらす価値とは。地元3チームに日本トップリーグ連携機構事務局長を交え、ビジョンを語る!

D アウトドアスポーツツーリズムの現在と未来

武道ツーリズムと同じくスポーツ庁が重点テーマに掲げる、国土が起伏に飛んだ日本ならではのツーリズムの潮流と展望!

  • 竹山 史朗 ㈱モンベル 常務取締役
  • 中島 祥元 (一社)ルーツ・スポーツ・ジャパン 代表理事
    ルーツ・スポーツ・ジャパン
  • 高下 栄次 石川県羽咋郡宝達志水町 副町長
  • ◆吉井 康雄 ㈱スポーツニッポン新聞社 部次長

17:00終了予定

2020.1.17/金 9:00~12:00

ファムトリップ(10人以上申込で催行)

9:00 金沢駅金沢港口(西口)貸切バス発車
  ▼
9:30 谷口吉郎・吉生記念金沢建築館
2019.7月開館。建築とまちづくりを考える博物館。
公式サイト
  ▼
11:00 金箔貼り体験
金沢市は金箔の生産量全国シェア99%。市内箔工芸店で実施。
  ▼
12:00 金沢駅解散

登壇者、時間等変更となる場合があります。

2日間共通プログラムはこちら(PDF2020.1.13)


開催レポート

全国から!市内から!延べ1,001人のご来場ありがとうございました!!

文化庁宮田亮平長官が3庁を代表して主催者挨拶。観光庁から田端寛長官が、スポーツ庁からは、インフルエンザの鈴木大地長官に代わり瀧本寛次長が出席され、市内外から延べ1,001人の皆様にご来場いただき、スポーツ×文化×観光の熱量が渦巻く2日間となりました。
まずはフォトレポートにてその雰囲気をご覧ください。(2020.1.20更新)

第4回スポーツ文化ツーリズムシンポジウム

  • 瀧本寛スポーツ庁次長

  • 宮田亮平文化庁長官

  • 田端浩観光庁長官

  • 3庁代表によるトークセッション

  • 原田宗彦教授による基調講演

  • 会場全体から熱視線が

  • 全国6団体がアワードを受賞

  • Voyagin 宮崎有生氏

  • 美ら地球 山田拓氏

第8回スポーツツーリズム・コンベンション

  • 大集会室は満員御礼

  • 増井国光スポーツ庁参事官らパネリスト

  • 第2会場の大会議室も満員御礼

各セッションの模様は近日中に公開しますのでご期待ください。